マーケットを熟知する

テクニカル重視で守りに入る株式投資 > 日記 > マーケットを熟知する

マーケットを熟知する

2014年11月 8日(土曜日) テーマ:日記

ノートパソコンの画面の前で休むことなく変動しているマーケットをご覧になっていると何となく注文をしたくなるという抑えようの無い感情に追い立てられる人も少なくないだろう。

 

しかしながら、ぼんやりした思いつきで取引するのは決してしてはいけません。

 

分かっていると思いますが、外国為替相場は年中、いつでも為替相場が動いているし為替相場も常に動いています。

 

だからといって、何回も注文をするとそれだけで損失が生じる危険性が上がってしまいます。

 

もちろん、取引の回数を経験することによって結果的に儲けられる可能性が50%、50%になるのは周知の通りです。

 

けれどもこの事は「なんとなくインスピレーションで売り買い」してしまうこととは話が違います。

 

売り買いの回数を増やすとは、自分が「ここだ!」と考え付いた機会を持ったケースでのトレード回数を重ねるという事を意味します。

 

ただ、売り買いを繰り返すのとは異なります。

 

市場の駆け引きに臨むには自分が深く考えてメリハリをつけることが大事です。

 

「ここは!」と思い至ったマーケットの時には、いっそのこと持っているポジションを増やして、意識して利益を追求します。

 

「少し分かりにくいマーケットでどう動くのか読めないな」と思い至った時は所有ポジションをひとつ残らずクローズして何もしない。

 

このぐらいのけじめがあったほうが最後には取引は勝てます。

 

マーケットの金言には「休むも相場」という言葉があります。

 

まさに言葉どおりだと思います。

 

外国為替相場とは、いかなる時でもポジションを保有する事がすべてではなく、どのポジションも保有せずじっと待っている事も場面によっては、相場です。

 

じゃあ、どういう時に、休むといいのでしょうか。

 

ひとつめは、先述の通り、今の為替相場が曖昧でよく見えない時。

http://www.kyotoharegi.co.jp/

そこから上がるのか下がるのか決断できない時は、間違って判断すると、自分の思った脚本とは逆に相場が変動してしまい損してしまいます。

 

そうした時はポジションを0にして、静観を決め込むのが唯一出来る事です。

 

2番目に、自分のコンディションが悪いときです。

 

体の状態と為替相場に何の影響も与えないと感じる方もいますが実はかなりつながりがあります。

 

健康状態があまりよくなければ外国為替市場の大切な局面で必要不可欠な判断ができなくなります。

 

気分が進まない時はマーケットから離れる事も大事なことだ。

 



関連記事

大阪の浮気調査|二人で相談するにも...。

大阪の浮気調査|二人で相談するにも...。

2016年9月 4日(日曜日)

マーケットを熟知する

マーケットを熟知する

2014年11月 8日(土曜日)

サプライズ

サプライズ

2014年7月10日(木曜日)

旦那のバイクを売っちゃいました

旦那のバイクを売っちゃいました

2014年6月16日(月曜日)

テスト

テスト

2014年5月23日(金曜日)